腰痛の原因 ぎっくり腰の治し方 ぎっくり腰になったら 椎間板ヘルニア 症状

腰痛について

腰痛とは人間はなぜ腰痛に悩まされるようになったのでしょうか?


それは人類の進化の過程で2本足で立つようになったことが原因にあげられます。


2足歩行が可能になったのと引き換えに、腰への負担が増しました。


そのため誰もが腰痛になる原因を抱えており、日常生活をどのように送るかが腰痛になるかならないかの分かれ道となります。

[スポンサーリンク]


特に腰痛になりやすい方は、長時間座りっぱなしでデスクワークのお仕事や立ち仕事をされている方、重いものを持つ肉体労働のお仕事をされている方です。


重い物を頻繁に持ち上げるのはもちろん、意外と腰に負担を掛けるのが、長時間同じ姿勢をしているという状態です。


そして、腰痛は地味に痛みが襲うので、集中力を確実に奪われてしまいます。

腰痛の原因

腰痛 原因腰痛の原因は様々であり、その原因により治療方法・対策・予防方法も異なります。


とにかく腰にあまり負担を掛けないように大切にする事が重要です。


《筋肉の疲労による腰痛 》

歩いたり物を持ったりなどの一体の行動で腰が痛みだし、じっとして安静にしていると痛みがおさまるという場合は、骨盤などの骨や、腹筋などの筋肉が腰痛の原因になっている場合が多く、多くの腰痛がこれに当てはまります。


このような腰痛の原因としては、筋肉の疲労などによって体を支える力が弱まっているのにも関わらず、それでも体を曲げたり伸ばしたりなどの負担をかけるので、筋肉に疲労が溜まり、その負担を受け止めきれずに腰にまで負担をかけてしまっている可能性が高いです。

この場合には、まず無理をせず安静にして疲労を取りましょう。それと同時に湿布などをはって、腰痛の回復を高めます。


《内臓疾患による腰痛 》

安静にしていても、腰が痛い場合や血尿や腹痛もある場合は、内臓のトラブルが原因で腰痛になっている可能性があります。


腰痛の原因となる内臓の病気としては、【胃】【腎臓】【脾臓】などの炎症や、【尿路結石】【腹部大動脈瘤】【子宮内膜症】、腹部や腰部の【腫瘍】など様々な原因があります。


この場合の腰痛の治療法としては、その腰痛を引き起こしている内臓の疾患を治療することが最重要です。


湿布などでごまかしたりせずに、まずは病院へ直行して受診されて下さい。腰痛での無理は禁物ですよ!


《骨のゆがみによる腰痛 》

人間を支えてくれる大事な背骨。その中でも、腰の近くにある部分を、腰椎と呼びます。


通常、人が立っているためには、背骨が体の上半身を支える必要があり、その支えている負荷の多くが腰椎にかかってきています。


そのため、腰椎が傷つく確立は非常に高く、これも腰痛の原因としてあげられます。


また、背骨も体を支える重要な腰ですが、この背骨も年齢を重ねるとともに歪みが生じてしまったり、普段からの仕事によって歪みができてしまう場合があり、腰痛につながる可能性があります。



日常から腰痛予防を

腰痛 予防《買い物帰りの腰痛予防 》

例えば、買い物帰りに片手の手だけで、重たいものを持ったりすると、体の重心のバランスが崩れたしまいます。


そうすると、背骨や骨盤に歪みが生じてしまい、腰痛の引き金となってしまう可能性があります。


このような場合には、出来るだけ同じ重さの荷物を両手で持ったり、荷物を片方ずつ、交互に持つように心がけましょう。


《長時間イスに座っている場合の腰痛予防 》

当然ながら、座っているだけでも腰に負担が掛かってきます。そんな時には、座りながらでも足を交互に組みましょう。たったこれだけの事でも、腰の負担は軽くなりますよ。


そして、せめて1時間に1回は立ち上がって、屈伸などの軽いストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐしましょう。これが腰痛予防の基本です。

ぎっくり腰について

ぎっくり腰とはぎっくり腰は、重いものを持ったりなどのきっかけで、急激に痛みが襲ってくる腰痛のことです。


ただ、ぎっくり腰とは医学的な病名ではなく一般的な名称で、正式な病名を『急性腰痛症』と言います。


また、ぎっくり腰とは言っても、痛める場所は人によって当然違ってきますが、傷めやすい場所の傾向というのはあります。


《仙腸関節の損傷によるぎっくり腰 》

仙腸関節を損傷している場合は、腰というよりも臀部に痛みがあるのが特徴で、ぎっくり腰の大半がこのケースです。


こうなってしまうと、激しい痛みに襲われて、痛みのために真っ直ぐ立てない場合もあります。このような時には、何はともあれ安静にして下さい。


《腰椎の損傷によるぎっくり腰 》

腰椎を損傷して、ぎっくり腰になっている場合は、背骨と腰の部分に痛みが起こることが特徴です。


この腰椎の損傷によるぎっくり腰の原因としては、高いところから落ちたり、交通事故や激しいスポーツなどが主な原因になります。


高齢の方ですと、骨自体の強度が少なくなって(骨粗鬆症)いる場合に、尻もちをつくなどの事でも損傷してしまう場合があります。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰 原因ぎっくり腰は、突然激しい痛みに襲われることで知られています。


ぎっくり腰を引き起こす原因としては、重いものを持ち上げたりなどの負担によって引き起こされる場合や、同じ姿勢を長時間とっているために、疲労によってぎっくり腰が起こりやすくなってしまう場合とがあります。


《激しい負担が原因の場合 》

これは、重いものを持ったりなどの負担によって、ぎっくり腰が誘発された場合です。


一般的に、肉体を酷使するようなハードワークの方に起こりやすいのですが、このような方は日々の負担に耐えられるように、筋肉なども発達しているので、ぎっくり腰になりづらいという特徴もあります。


また、ぎっくり腰の割合から見てみると、この負担によって誘発される場合は、あまり多くありません。


《同じ姿勢が原因の場合 》

これはデスクワークの方や、車の運転などが長時間に及ぶ方が当てはまります。


このような場合ですと、座ったままという状態が長時間に及んでしまい、腰への圧迫もかなりなものになります。


この腰への圧迫が続いてしまうと、血の流れが悪くなるばかりでなく、椎間板などが損傷してヘルニアになってしまう場合もあります。


また、この圧迫が原因になっているぎっくり腰も意外に多いです。

[スポンサーリンク]

ぎっくり腰の治し方・ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰の治し方当然ですが、すぐに病院へ直行することが一番確実で安心です。ただ、すぐに行けない場合などもあると思いますので、最も重要なぎっくり腰の対処法を書いておきますね。


《ぎっくり腰は、何はともあれ安静に! 》

常識ですが、ぎっくり腰の人を無理に動かしてはいけません。まずは、痛みの少ない姿勢をとって安静にして下さい。


また、痛みの原因は炎症ですので、間違ってもマッサージをしたり、指圧などはしないで下さい。マッサージや指圧は炎症を悪化させ、ぎっくり腰まで悪化してしまう場合があります。


そして、なかなか治らない場合は、出来るだけ早く病院で治療を受けましょう。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰のように急に痛み出す急性型のヘルニアと、じわじわと痛み出していく慢性型のヘルニアとがあります。


《急性型の椎間板ヘルニア 》

この急性型の椎間板ヘルニアは、重いものを持ち上げたり、体に強い衝撃を受けた時に急に発症します。


そして、ヘルニアが発症した時の症状としては、ぎっくり腰のように急に激しい痛みに襲われ、その激痛のために立ったり歩いたり出来なくなる場合もあります。


この痛みは時間とともに和らいでいきますが、和らいだといっても椎間板が損傷している事に変わりはありませんので、早めに病院で受診して下さい。


放置してしまうと、再び腰に負担がかかった時に。飛び出している髄核がさらに押し出されてしまいまい、さらなる神経の圧迫を引き起こしてしまいます。


《慢性型の椎間板ヘルニア 》

慢性型の椎間板ヘルニアは、亀裂の入った椎間板から徐々に髄核が押し出されていくので、急に激しい痛みに襲われるといった事はありません。


また、この症状の特徴としては、普通の生活をしているのに腰に鈍痛が起こったり、痛んだり痛まなかったりを繰り返しながら、段々と慢性化してしまうことがあげられます。


また、椎間板ヘルニアになると、太ももから膝・足にかけて、激しい痛みが走る坐骨神経痛を伴う場合が多く、足にもしびれやビリビリとした痛みを伴う事があります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

まず、ヘルニアの原因になる椎間板というのは、背椎骨の間にあってクッションの役割を担っている線椎性の軟骨のことを言います。


そして、この椎間板は、外側部分は比較的に硬いのですが、中心はゼリーのように柔らかくなっていて、これを髄核と呼びます。


一般的に言われている椎間板ヘルニアは、重いものを持ったりなどの行為により、椎間板に亀裂が生じてしまい、そこからゼリー状の髄核が飛び出してしまうのが、ヘルニアの原因と言われています。


そして、椎間板から飛び出した髄核は固まってしまい、その塊が神経を圧迫してヘルニア独特の激しい痛みを起こします。

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療は、多くの場合は安静にして日常生活を見直し、注意しながら経過を見守ります。


負傷してしまった椎間板を回復させることは難しいですが、ヘルニアについては、半年ほどすれば回復することが多いです。


また、以前は椎間板ヘルニアの治療として、飛び出した髄核を手術などで取り出していたのですが、術後の経過があまり良くない事が多かったため、今ではあまり髄核を切除しなくなりました。


そのかわり、けん引治療などの保存治療がヘルニアの治療法として多く利用されています。



腰痛と睡眠

腰痛 睡眠柔らかい布団に包まれる睡眠を楽しみにしている人も少なくないと思います。しかし、睡眠するための寝床の具合によっては、腰痛を悪化させてしまう恐れがあるのです。


どのような点で注意すれば、腰痛に影響しない睡眠環境を整えられるのでしょうか?


身体と頭を休ませる睡眠は、人間にとって必要不可欠なものであるといえます。しかし、寝相や寝床に問題があると腰痛を悪化させてしまう恐れがあるのもまた事実なのです。


【睡眠の効果】
睡眠は、疲労回復や記憶の整理などを行うために必要な行動です。身体の細胞の再生を促すホルモンの分泌や栄養供給が活発に行なわれ、活動中に蓄積された疲労や筋肉の損傷を癒す働きが発生します。


脳は睡眠中に活動中の記憶を纏める作業を行っています。睡眠中に夢を見るのは、この記憶の整理を行うことによる副産物なのです。


【睡眠時の安静】
風邪などの病気のときは、『寝て安静にしていればすぐに治る』と言われることが多いものです。


実際に、睡眠時は寝返りを打つ程度しか身体を動かさないので安静にしている時間を長く取ることが出来ます。


しかし、眠くもないのに睡眠を取ると時間の感覚や記憶に混乱が生じてしまうことも少なくありません。


安静にしなければならないのであれば、昼間は起きていた方が良いといえます。


【睡眠が腰痛を悪化させる? 】
安静にしていられる時間を確保できる上に、治癒が促進される睡眠は腰痛に人にとってはありがたいものであるといえます。


しかし、寝相や寝床などの睡眠に関わる要素の影響によっては、睡眠で腰痛が悪化するということも充分にありうることなのです。


どのような寝相や寝床が腰痛を悪化させてしまうのでしょうか?


※ 寝相の問題 ※
睡眠中の寝相は、腰に負担をかける要素になりうるものです。


仰向けで寝ている姿勢は腰を敷布団に直接押し付ける姿勢でもあるので、長時間にわたって腰に負担を蓄積させてしまう恐れがあります。


うつ伏せで寝る人も少なくないのですが、息苦しくなって寝返りを打ってしまうこともあるので、難しい問題であるといえます。


※ 寝床の問題 ※
寝床は快適な睡眠をする上で欠かせない環境であるといえます。しかし、腰痛を患っている時に最適な寝床は、腰痛ではない時に最適な寝床と同じではないのです。


一般的には、ふかふかで柔らかいマットレスが敷かれた寝床が最高であると考えられていますが、腰痛の際には逆効果になることがあります。


柔らかいマットレスは腰が沈んでしまい、睡眠中に背面にかかる負荷が腰に集中してしまうのです。


【腰に良い寝相と寝床 】
健康を維持するために必要な睡眠も、場合によっては腰痛を悪化させてしまうことがあるのです。


では、どのようなことに注意すれば腰痛を悪化させない快適な睡眠をとることが出来るのでしょうか。


※ 抱き枕を使う ※
腰痛に悩んでいる人にお勧めなのが、抱き枕です。


抱き枕を使うことで、抱きつく姿勢の寝相を維持しながら寝ることが出来るため、腰にかかる負担が小さくなります。


仰向けでなければ眠れないという人は、膝の下に抱き枕を敷いた状態にすると腰への負担を和らげることが出来ます。

腰痛と肩こり

腰痛 肩こり腰痛や肩こりは、些細な症状ではあるものの、日常生活を困難にしてしまう病気であるといえます。


歩きにくくなったり、腕が上がらなくなったりと日常の様々な場面で支障を引き起こす腰痛と肩こりには、どのような共通点があるのでしょうか?


腰痛と肩こりは共に、『日常生活の中で発症する可能性が高く、日常生活に支障をきたす病気』であるといえます。


肩こりと腰痛は、どのような形で日常生活の中で発症し、日常生活に支障をきたしているのでしょうか?


【腰痛の発症と影響 】
腰痛は、足腰に負担がかかる中腰などの姿勢やスポーツなどによる酷使などを原因として、腰の筋肉が緊張状態になり発症することが多いのが特徴の一つです。場合によっては、腰椎の骨折が原因になっている場合もあります。


腰痛が発症すると、立ち仕事や歩行に困難をきたしたり、何もしなくても痛みを感じたりといった症状が現われ、日常生活が困難になります。


【肩こりの発症と影響 】
肩こりは、長時間パソコンを使用するなどの姿勢の悪さや酷使などによって肩の僧房筋が緊張状態に置かれて、血行不良になることを原因として発症します。


肩の強張った感じや不快感を伴い、症状が重くなれば痛みを引き起こします。肩こりを起こすと、肩が上がらなくなったり腕を動かすだけで痛みを感じたりするなどの症状が現われるようになります。

場合によっては、頭痛の原因になることもあります。


【腰痛と肩こりの共通点 】
基本的には、腰痛と肩こりには『姿勢や筋肉に原因がある』『日常生活に支障をきたす』という共通点を持っているといえます。


腰痛も肩こりも、日常生活で使う手や足に影響を及ぼす性質を持っているのが特徴といえます。


【腰痛と肩こりの相違点 】
腰痛と肩こりの大きな違いは、『肩こりは骨に関係していない』ということであるとえます。


肩こりは肩の血行不良が主な原因となりますが、腰痛は血行不良や腰椎の骨折などが原因となります。


また、肩こりはマッサージで症状が緩和しますが、腰痛の場合マッサージが逆効果になることも少なくありません。


【肩こりと腰痛の予防には? 】
肩こりと腰痛は、患部や原因などが違うものの、同じような症状を起こす病気であるということが出来ます。


では、肩こりと腰痛を予防するためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか?


※ 姿勢に注意する ※
腰痛も肩こりも、発症に姿勢が関わってくるのが特徴であることがいえます。


身体に無理させるような姿勢を長時間とり続けることは、肩こりや腰痛の原因になるだけでなく血行不良を引き起こす恐れもあるのです。


※ 休憩を取る ※
パソコンの前に長時間向き合うことは、肩こりや腰痛だけでなく眼精疲労や頭痛の原因にも繋がります。


できれば、1時間に一回はパソコンから離れて休憩を取るように心がけましょう。


休憩中は軽い体操などを行って血行を改善したり、目を休めたりすると良いでしょう。

運動と腰痛

腰痛 運動 野球 サッカー ゴルフ意識してなくても、授業や部活動などで運動する機会が多い学生に対して、社会人になると運動不足な生活を送りがちになってしまいます。


しかし、ただ漠然と運動するだけでは腰痛や思わぬケガを引き起こす可能性が高くなってしまいます。


腰痛予防を考えた運動とは、どのようなものなのでしょうか?


運動不足は肥満を招き、腰痛をはじめとする病気の原因になります。適度な運動を行うことは、筋肉や骨の強さの維持につながり、腰痛の予防にも効果を発揮します。


しかし、適切な形で運動を行わなければ、逆に腰痛を引き起こすことがあるのです。


【運動で引き起こされる腰痛 】
運動が原因になって腰痛が引き起こされる場合、腰椎すべり症などの脊髄分離症によって併発していることが多々あります。


脊髄分離症は陸上選手の職業病とも言われるほど、運動の関係が深い病気と言えます。


背骨は走ったり飛んだりすることで、脚に生じる反発力を吸収・分散する働きを持っているため、陸上競技のように脚に負担がかかる運動を頻繁に行うスポーツの影響を受けやすいのです。


つまり、脚の酷使は背骨や腰の酷使につながり、疲労骨折の原因にもなるのです。


※ ゴルフと腰痛 ※
現在若手プロゴルファーの活躍によって注目を浴びているゴルフもまた、腰痛と深い関係のある運動であるといえます。


ボールを打つ時に、勢いを付けるために左右に腰を捻る動きを行うため腰椎を痛めやすいのです。


それに加えて、長時間の歩行や立ちっぱなしが必要となるため、足腰への負担が大きくなるのもゴルフの特徴といえます。


また、ゴルフを楽しんでいる年齢層は腰痛を起こしやすい中年から壮年に集中していることもあって、ゴルフと腰痛は不可分の存在になっているとも言えます。


※ 野球・サッカーと腰痛 ※
スポーツを原因とする腰痛は、選手人口の約20%が発症してるという統計があります。


この統計結果は、野球やサッカーなどのメジャースポーツも例外ではなく、プロ選手でも腰痛の発症で戦線離脱してしまうことも少なくありません。


野球やサッカーは、停止状態から急激な運動を行うことが多いスポーツであるため、足腰への負担が陸上競技と並ぶ程大きいのです。


また、腰痛だけでなく膝や肘などにも損傷を起こしやすいこともこれらのスポーツの特徴といえます。


【運動での腰痛を予防する 】
運動を原因とする腰痛は、運動で生じた衝撃や負荷を身体で全て処理してしまうことによって起こるものといえます。


つまり、身体に掛かる衝撃や負荷を減少させる工夫を行うことが腰痛の予防に繋がることになります。


※ 靴への工夫 ※
運動において足を守る靴は、ケガをしないための重要なものといえます。自分の足のサイズにあった靴を選ぶことは前提条件ですが、靴の中敷などにも注意を払う必要があります。


中敷を二重にして衝撃吸収性を高めたり、足に優しい素材を使った靴を選んだりといった工夫を行うことが大事なのです。


※ 運動後の工夫 ※
腰痛を起こした時のためにも、運動後に身体を労わる準備をしておくことは大事なことです。


腰痛が発症した時は、冷やすことが重要なので保冷剤やコールドスプレーなどを用意しておくと良いでしょう。


また、運動で失った水分を補給することはケガの治りや体力の回復に大きな影響を与えるので、水やスポーツドリンクなどを用意しておきましょう。

腰痛と年齢

腰痛 年齢人口の80%もの人が経験すると言われている腰痛は、生涯にわたって悩むことがありうる病気と言えます。


しかし、成長期から悩まされる人もいれば、高齢になって初めて腰痛に悩まされるという人も居るのには理由があるのでしょうか?


腰痛と年齢の関係を考えます。腰痛は腰が原因で起こる重篤なものから、疲労が原因で起こる軽微なものまで様々にあります。


しかし、世間では『腰痛は老化の証拠』という風潮が根強く残ってるのが実情です。


腰痛が起こるべき年齢とは、どの程度の年齢を言うのでしょうか?


【 高齢者の腰痛 】
50歳を越える頃から目に見えて現れだす身体の老化現象は、腰痛と深い関係を持っています。


この頃から筋力の低下や骨からカルシウム流出、肌の保湿や関節組織に関わるコラーゲンの不足といった老化に伴う外見の変化や運動能力の低下が現われるようになります。


このような老化現象の影響は腰にも顕著に現われ、歩行速度の低下や上体を起こして歩くことが困難になります。


特に、骨の老化は骨折を起こしやすくするため、老化によって腰痛が起こるのは必然であるといえます。


【 中年層の腰痛 】
30代から40代の中年層は、仕事とプライベート共に最も充実する年代であると同時に無茶をしがちな年代でもあります。


若い頃の感覚で力仕事を始めて、ぎっくり腰を発症するケースは少なくありません。また、日曜日に同僚や上司とゴルフに出かけて腰を痛めてしまうケースもあります。


この年代の腰痛は、日頃の運動不足と若さのアピールが相乗効果を起こした結果であることが多いようです。


【 青年層の腰痛 】
10代後半から20代の青年層では、日常的にスポーツを行っている人を中心に腰痛がみられます。


青年層は体力が充実している時期なので、体力の限界まで運動した結果として疲労性の腰痛を引き起こすことが多いのです。


また、椅子に長時間座ることが多い年齢層でもあるため、慢性的な腰痛を患っている人も少なくないようです。


【 子供の腰痛 】
成長期にある10代半ばまでの子供は、骨や筋肉が日ごとに成長しているため腰痛に苦しまされることが少ないといえます。


しかし、運動中などに腰を強く打った結果、腰痛を発症してしまうことも充分にあるにが悩みです。


若いが故の回復力の高さで、自分のしたケガの重さが認識できないこともあるからです。


【腰痛が辛い年齢 】
腰痛は生活内容によってどの年代にも起こりうるものといえますが、ではそのような年代で腰痛を患うのが辛いとえるのでしょうか?


基本的に、腰痛は安静を保っていれば長くても数ヶ月で完治する病気です。つまり、回復力の高い若者にとって腰痛はあまり悩みの種ではないともいえます。


しかし、若い年代はじっと安静にしていられない性分の人が多く、腰痛を慢性化させてしまうことも少なくないです。


高齢者になればなるほど、治りが遅く腰痛が日常的になってしまうため、完治を諦めてしまう場合も少なくありません。


逆に腰痛を起こしやすい中年層は、腰痛を発症したら無理をしなくなる人が多いためか、充分な静養を取ることが出来るようです。

[スポンサーリンク]

共有・ブックマーク









このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP